言葉にしてみる日記

日頃考えていることや感じたことを言語化するために書いているブログです。

覆水盆に返る

昼頃にメールを送ろうとOutlookwebメールを立ち上げたところ、職場の係メールアドレスの受信トレイからメールが消えていました。ごっそりと。

 

朝、メールチェックしたときは、数百件のメールはあったはずですが、いまは8件のみ。

 

上司と同僚とブラウザの再起動や設定の確認を何度やってもダメです。「誰かが間違って消したか。でも、警告が出るはずだから気づくよね?」と謎の現象に頭を抱えます。

 

すると、係メールアドレスを使っている他のメンバーの一人が「自分のメーラーと思って、自分以外のメールは削除しちゃいました!」と衝撃の告白。係メールを個人のメールアドレスに配信している人はいますが、どうやらそれと勘違いしていたようです。

 

せめて「削除済みメール」に残っていればと思ったのですが、きれいさっぱりフォルダが空になっていました。

 

諦めムードが漂うなか、ダメ元で情報系の部署に問い合わせたところ、なんと「削除済みメールの回復」というボタンがあるとのこと。

 

削除したメールを1つずつ選択していく手間はありますが、時間をかけることで、何とか復元することができました。

 

今回は「九死に一生」でしたが、いやはや、追い詰められると人は本当に笑うしかないんだなぁと身をもって経験しました。

センター試験終わり

今年の大学入試センター試験も終わりました。

担当した試験場では、特に大きな問題も起こらずに終えることができました。

 

事務室の協力者という立場なので、入試担当の方や試験監督の方に比べるとずいぶんと気楽なものですが、やはり真剣な顔をしている受験生を見ると、緊張感が伝わってきます。

 

各大学での個別試験に向けて体調を整えつつ、頑張ってもらいたいです。

 

小悪魔になってほしいという想い

子供の名前付けのための本に載っている、我が子の名前の由来や経緯がなかなか面白い。

 

中でも、ジェネレーションギャップなのか、カルチャーショックなのかは分からないが、とにかくすごいなぁと思ったのがこちら。

 

 

f:id:masterpiece0924:20180113213710j:image

 

「小悪魔」が「かわいい女の子」というポジティブな意味で捉えられているというのは、かなり新鮮な驚きでした。

 

 

と思ったら、「小悪魔」という言葉が、今回の広辞苑の改訂版に収録されるようです。

 

http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1710/24/news130.html

 

まだ買っていないのですが、ちょっと意味が気になります。 

 

 

 

ひとまずマイホーム計画検討開始

消費税が上がる前に一戸建て住宅を建てるか購入したいと思い、マイホームの取得計画を立て始めた。

 

とりあえず、

・隣家との距離が離れていること

・バーベキューや家庭菜園ができる程度の庭があること

・最寄り駅から徒歩15分程度の距離

・揺れにくい地質

・駐車スペース2台分

といったことを条件にいくつか場所の候補を挙げていく。

 

市街地の中心部に近いほど公共交通機関での移動がしやすいものの、やはり土地は狭い。庭がある物件は恐ろしいほど高い。庭の代わりに屋上バルコニーも検討することとした。

 

一方で、郊外に行くと庭付きで手頃な物件もちらほら。複数区画の分譲地のほうが、ぽつんと一世帯新参者が入るよりも、ご近所付き合いもしやすそう。ただ、通勤に時間が掛かるのは免れない。

 

職場で「家探しは難しいですね」と話していたら、「育児・子育て・教育のことはちゃんと考えてるのか」との指摘と助言が。

 

調べてみたら、

・利用できる行政サービスの充実度

・小中学校までの距離・通学方法

・各市町村の学力水準と学校の特色

など、地域や学校によって大きく異なっていていることがわかった。

 

こういうことも考えて家探しは決めないといけないのかと感心しつつ、ほかにも考慮することがたくさんあるのだろうと思うと少し頭が痛い。

 

コツコツ情報収集しつつ、判断基準を整理していかないといけないということで、ひとまず次の本を買ってみた。

 

125って、多いな!!

 

 

今年こそはという抱負

新年明けましておめでとうございます。

 

思ったことや感じたことをとりあえずアウトプットしたいということで書き始めた日記ですが、いつの間にか更新が滞って久しいです。あるときは、「特に書くことがない」ことを言い訳にして、またあるときは「忙しくて書く暇がない」ということを言い訳にしてしまいました。

 

2018年は、公私ともにいろいろな変化があると思うので、後日、自分で過去を振り返るためにも、できるだけ日々の出来事や気持ちを綴っていきたいと思います。

 

どうかよろしくお願いいたします。

 

 

 

忍者には気を付けましょう

夜道で車を運転中、黒っぽい服装で無灯火の自転車に乗る人(忍者)を見ました。

 

私の車の左側をすり抜けていきましたが、それまで全くその存在に気づかず、ひやりとしました。

 

その後、数百メートル先の交差点で忍者が別の車に怒鳴っているところに遭遇。左折しようとした車と接触したか、接触しかけたかという状況のようでした。

 

結果的に車の運転者の確認不足ということになろうかと思いますが、少しのタイミングの違いで自分が当事者になっていたかもと不安になりました。

 

【衆院選2017】科学技術政策アンケート 各政党の回答を公開 - Science Talks

衆議院議員選挙が近づいてきていますが、科学技術政策に関するアンケートに対する各党の回答をまとめたサイトがありました。

 


【衆院選2017】科学技術政策アンケート 各政党の回答を公開 - Science Talks

 

これを見ると各党の違いや立場があらわれていて面白いですね。とくに自民党については、政府としての方針と党としての公約との間に少し温度差があるようで、党内の意見をひとつにまとめることの難しさがうかがえます。日本共産党は、ボトムアップ型の基礎研究を重視することで一貫しています。

 

「保守かリベラルか」のような構図で語られたりしますが、個々の観点で比較すると、自らの意見に近い党とそうでない党、意見がはっきり分からない党といったことが分かってくるので、こういうサイトは判断のいい材料になりますね。