言葉にしてみる日記

日頃考えていることや感じたことを言語化するために書いているブログです。

わかりやすい資料づくりのための書籍紹介

上司や役員に対して新たな事業の企画提案を行う際に事業内容を短時間でおおまかに理解してもらうため、できるだけ概略図(職場では「ポンチ絵」と呼んでいます。)を作るようにしています。

また、研究支援を担当する部署に所属しているので、シンポジウム等のイベントを学内外の方に案内するためにポスターを作る機会も少なくありません。

それらの資料を作り始めた頃は、「いかにも素人が作った資料だな」、「配色とか文字のレイアウトなどもっとかっこよくならないかな」と思っていました。


今日は、わかりやすい資料づくりのための書籍を紹介したいと思います。

 

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール

 

 

「デザイン」と聞くと、芸術家やデザイナーというような個人のセンスや感性が必要とされるものという印象を受けますが、この本は、「デザイナーではない社会人や教育者、研究者向けのデザインの教科書」という位置付けです。

本書は、「読みやすく見やすい=伝わりやすさ」を最大限高めるためのデザインルール ――「伝わるデザイン」の基本―― を解説していきます。一般的なデ ザインのルールはもちろん、デザイナーではない筆者がこれまでの経験から得た「非デザイナーに役立つルール」を紹介します。

この本では、書体と文字、文章や箇条書き、図表や図形、全体のレイアウトや配色について読みやすく見やすい資料をつくるための基本的なルールとテクニックを説明しています。

第1章 書体と文字の法則
第2章 文章と箇条書きの法則
第3章 図形と図表の法則
第4章 レイアウトと配色の法則
第5章 実践

ルールやテクニックごとに、伝わりやすいデザインの例とそうでない例が書かれていて、ほんの少しの違いでも読みやすさ、見やすさに大きな差が生まれることがよく分かります。

また、第5章の実践の部分では、実際のスライドやポスター、文章を題材に、伝わりやすいデザインにするルールやテクニックがBefore - After形式で紹介されています。

この本で印象に残った言葉を引用します。

よい資料を作ることは、受け手に対する「思いやり」であり、コミュニケーションにおける「マナー」です。

今では、この本を参考にしつつ、できる限り「シンプル」な資料を作ることを心がけています。

また、研究者が書いた科研費や競争的資金の申請書をチェックするときに、この本で学んだルールやテクニックを紹介してより見やすい資料に手直ししてもらうというときにも大変役に立っています。

f:id:masterpiece0924:20150527164029j:plain


「大事なのは中身なので小手先のテクニックに走るのは邪道」と思われる方がいるかもしれませんが、せっかく内容を充実させても、表現の仕方によって相手に90%ほど伝わるか、30%しか伝わらないかでは大きな違いになります。

むしろ、デザインを見やすくすることで、それだけ、中身の良さで勝負ができるようになるというわけです。


なお、この本の筆者は、ウェブサイト(伝わるデザイン|研究発表のユニバーサルデザイン)でも分かりやすいデザインのためのルールとテクニックを公開していますので、その内容を確認することもできます。