言葉にしてみる日記

日頃考えていることや感じたことを言語化するために書いているブログです。

うっかりお見合い

先日、職場で起こったのが、案件の処理でうっかりお見合い問題です。

とあるイレギュラーな案件を上司から引き継ぐことになり、その進め方に迷っていると、「この案件は、部局長が決めることだから事務は待っていればいいよ」、「この案件は、委員の教員が考えるべきことだから、事務は特に動かなくていい」と上司から言われ、期限の前日まで意見が出てくるのを待っていました。しかし、待てどもいっこうに出てきません。

やな予感がすると思いながらも、部局長や教員に催促すると、「てっきり事務方がつくるものだと思っていた」という答えが帰ってきました。これを聞いた上司は激怒。「普通は、事務じゃなくて委員がつくるものだろ!」とかんかんです。

しかし、よくよく話を聞くと、上司から「○月×日までに意見を出してください。」と明確に依頼をしたわけではなく、上司から部局長や教員に送ったメールで「こういう案件が出てきているので転送します」という文面を、上司は部局長と教員に依頼したつもりになっており、部局長と教員は情報共有のつもりで送られてきたと思っていたという顛末でした。

そりゃ部局長や教員から意見が出てこないのも仕方ない。

野球でも二人の間にフライが上がったときは、「いきます!」、「お願いします!」と声かけをすることが大切ですが、まさか、仕事でこんなお見合いが起こるとは‥‥‥。

こういう中途半端な対応はのちのち自分の首を締めるということが分かりましたので、次回からはしっかり「声かけ」をしたいと思います。