言葉にしてみる日記

日頃考えていることや感じたことを言語化するために書いているブログです。

国立大改革「地域・特色・世界」の3つの枠組みで強みを生かせるか

国立大学改革は、運営費交付金の配分において、各国立大学が選択した3つの枠組みによる重点支援を受けるという局面に入りました。


国立大改革「地域・特色・世界」の3つの枠組みで強みを生かせるか

最近では、文部科学省の示した人文社会系学部の見直しの方針に対して、現場からの『人文社会系の学問を軽視している』という不満が噴出しており、文部科学省はその火消しに躍起になっているように思えます。

大事なのは、人文社会系学部のどのような人材を育成するかという役割の明確化とそれに見合う教育の質向上のはずですが、まだまだ現場の側にそれを受け入れるほどの土壌はないのかもしれません。