言葉にしてみる日記

日頃考えていることや感じたことを言語化するために書いているブログです。

「教育」に対するマインドセット

大学職員で現在大学院で高等教育を学ばれている松宮慎治さんのこのポストがたいへん興味深く、考えさせられたので、記事にしてみました。

 

shinnji28.hatenablog.com

 

松宮さんは、「自分が何を為すべきか」を考える際のアプローチとして、「身分アプローチ」と「仕事アプローチ」の2つに整理します。


身分アプローチは、「自分がどの身分に属しているか」を起点とする考え方であり、仕事アプローチは、「私たちはこういう仕事(行為)をしたい」という思いを起点にした考え方です。

 

この二つのアプローチ自体はとても共感できる違いであるし、たいへん興味深い指摘だなと思いました。

 

ちょっと強引ですが、思考実験として、「教育」というものを「学生の学びに関わる行為」、「医療行為」と比較しながら考えてみたら面白いと思いましたが、仕事の休み時間では間に合わなそうなので、論点整理だけやっておきたいと思います。

 

「学生の学びに関わる行為」:「身分アプローチ」ではなく、きわめてその行為としては多様な関わり方がある。教室内で教授活動に従事する大学教員はもちろん、ボランティア活動を支援する大学職員も正課外活動ではあるが、学生の学びに大いに貢献できる。はたまた、教育学習環境を支援するという観点から見ると、普段、学生と接することのない総務課や会計課、施設課で働く職員も、自らの行為が学生の学びに関わっているとみなすことは可能である。「仕事アプローチ」の程度で、その関わりの深さが大きく変わる。

 

「医療行為」:医療行為は、医師免許、歯科医師免許、看護師免許、助産師免許等の資格を有した医療従事者のみに特別に許される。いわば、厳格な「身分アプローチ」であり、患者さんを助けたいという思いがあっても、無資格者がそれを行った場合には法的に処分を受けるおそれがある。

 

というわけで、「教育」がいったいどちらに近いものかということになるのかなぁと思いました。

 

結局は、「教育」を「学習者に教授する活動」とかなり限定的に捉えるか、「学習者の学習を促進させる活動」と捉えるかでもだいぶとらえ方が異なるのかなぁと。

 

私自身は、教育学の修士をとって、大学職員として働いてはいますが、案外、職員側の認識として「教育は、大学教員が行うこと」、「事務職員は、事務を行う」というマインドセットが強いなという印象を受けます。

 

「事務しかできない大学職員」って今後はどんどん不要(代替可能という意味で)になっていくのでは、という思いがあるので、少し釈然としないのですが、いかんせん組織上「事務職員」という身分ですので仕方がないですね。