言葉にしてみる日記

日頃考えていることや感じたことを言語化するために書いているブログです。

異動による戸惑いと新鮮さ

ご無沙汰しています。

 

実は4月の人事異動で他大学に異動になりました。

 

4月からの2か月は本当にあっという間でした。まだまだ慣れないことも多く、上司や同僚、ベテラン非常勤職員の方に迷惑をかけつつ仕事をこなしているところです。

 

さて、所属する組織が変われば、いろいろと戸惑うことが多く、今回は備忘録として、今思っていることを記録しておきたいと思います。

 

1  組織の動きがなかなか見えない

小規模な組織から大規模な組織に異動になったので、大学運営というものが非常に遠いところで行われているような印象を受けるようになりました。どういうことが課題でどういう方向に舵を切ろうとしているか、といった情報に大きな規模の組織の一般職員がアクセスすることはなかなか難しいのかなぁと感じました。

 

2  深さと広さの違いに驚き

前の所属大学では、件数は極めて少ないものの一人の担当する業務の範囲が広く、「色々なことを自分で身に付けていく大変さ」を感じていましたが、今の所属大学では、一人の担当する業務の範囲が狭く、似たような案件を毎日何件も処理していくという感じです。人員も多いのですが、業務が非常に細分化されているため、問題が起こったときや疑問点を調べるときには、いくつもの係の担当者に確認してまわる必要があり、組織がでかいと大変だなぁと痛感しました。

 

3  マニュアルが作られてることに感動

前の大学では、利用者向けマニュアルのようなものはあまり整備されておらず、担当者に電話やメールで問い合わせる場面が多かったのですが、今の大学では、利用者向けマニュアルがかなり分かりやすく整備されていて、初歩的なことは利用者向けマニュアルを読めば分かるようになっています。担当者の立場からすると、前の大学のような小規模な組織では、「マニュアル作成の手間 > 問い合わせ対応の手間」でしたが、今の大学のような大規模な組織では、「マニュアル作成の手間 < 問い合わせ対応の手間」ということになるのでしょうね。

 

4  研究者や他の部署の職員との距離感

前の大学では、キャンパスも小さく、困ったことがあれば直接顔を合わせてやり取りするなど研究者との距離感も非常に近かったのですが、今の大学では研究者本人とはほとんど顔を合わせずに、秘書さんや部局の職員を通じて、メールや電話でやり取りすることが多いことも印象的でした。まだ、2か月しか経っていないのもありますが、同じフロアの人しか顔を知りません。

 

5  当たり前が当たり前じゃない

例えば、決裁の取り方や公文書の書き方、使われる用語の微妙な違いなど、ちょっとしたことでミスをしたり、戸惑ったりすることが多いです。ずっと同じ大学で働いている人にとってはそれが「当たり前」で、「そんなことも分からないの?」と呆れられるかも知れませんが、本人からすると「なぜ、そういうやり方をしてるのか分からない」と思うことが多いです。同じ国立大学法人の事務職員で、ただ大学が変わっただけで違和感を覚えるのですから、違う業界から転職する人などの戸惑いは相当なものだと思いました。また、今まで身につけていた知識も、自分なりに一般化しようとしていたのですが、やはり、その組織の文化や風土に根付いたものであることも身をもって理解しました。

 

 

 

 

つらつらと書いてきましたが、今感じているいる戸惑いや違和感をはやく無くしたいと思う一方で、再び新人のころを思い出すようなこの新鮮な感覚は適度に持っておきたいなぁとも思います。

 

学習を「慣れによる考えるプロセスの省略」とすると、同じ状況や変化のない場面では、「処理の高速化」につながる一方で、新しい状況や変化に対応するためには、いったん学習したことを棄却する(アンラーニング)する機会が大切とされています。

 

人事異動や転勤による新しい状況への対応は、なかなかしんどいですが、楽しく学び直していきたいと思っています。

 

また、業務の分担や縦割り主義、ローカルルールについてもなんとなく思うことがあるのですが、まだまだ上手く言語化できない段階です。もう少し考えがまとまってから書いてみようかなと思っています。